こんにちは、ロスベガデザイナー本間です。

 

 

フィリピンへスニーカーを届けてきました。

 

zerotokyoのスタッフでもある小林くんが、

フィリピンのセブ島へ行ってきました。

 

 

あなたもご存知かもしれませんね。

 

以前、このメルマガで紹介させて

もらった三つ編みの彼です。

 

 

がれきの村の中を、裸足で生活する

ストリートチルドレンの子どもたち。

 

「一人でも多くの子どもたちへ、安全に

生活できるため、靴を履かせてあげたい」

 

 

彼はフィリピンの孤児院の子どもたちへ、

日本からスニーカーを集め、運んでいます。

 

みんなに支えてもらって、フィリピンの

子どもたちを支援しています。

 

このメルマガを読んでくれているあなたも、

彼の元へスニーカーを送ってくれた方。

 

かもしれませんね。

 

 

善意で集められたスニーカーを、箱に詰め。

 

彼とボランティアの仲間たちで、孤児院の

子どもたち一人一人に届けています。

 

彼がこんな活動をはじめて、もう3年になります。

 

 

そして、この3年で彼が集めた

スニーカーは、2000足以上!

 

ロスベガ仲間にもいつも感謝しています。

 

今日は、そんな彼から今月セブ島へ

行った時の写真が届きました。

IMG_9096

IMG_9049

IMG_9024

あなたの履かなくなったシューズを

喜んで履く子どもたちがいます。

 

フィリピンの子どもたちへあげたい方は

いつでもこちらへ送って下さい。

=============

150-0002

東京都渋谷区渋谷1-17-1#807

 

DSSR スニーカーサンタ係

.03-6450-6152

※善意ですので配送代は元払いでお願いします。

=============

もちろん中古でかまいません、あなたの

履かなくなったスニーカーを送って下さい。

 

もし汚れている場合は、少し拭いてから

送ってくれると助かります。

 

一足でも多くの子どもたちへ、靴を

届けられたら嬉しいです。

 

 

ロスベガデザイナー

本間

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *