『言葉の知らない土地でも、なに不自由なく仕事する方法』

 

こんにちは、

ロスベガデザイナー本間です。

 

 

今日からオーストリアの首都

ウィーンへ入っています。

 

羽田からドバイで乗り換え

19時間。

 

目に入るのは、宮殿や教会など

美しい古い建物。

IMG_4266

Processed with VSCO with c1 preset

Processed with VSCO with g3 preset

パカッ、パカッ、パカッ、

 

馬車が通るびに聞こえる、

馬蹄が石畳を蹴る音。

Processed with VSCO with c1 preset

カラッとした穏やかな風が

なんとも心地よいです。

Processed with VSCO with c1 preset

これぞ6月のヨーロッパ。

Processed with VSCO with c1 preset

完全に異国へ来たぞ、という

感じです。

 

初夏の陽気に浮かれて、このまま

観光に行きたいところですが。

 

ただ、ひとつ大事なことがあります・・・。

 

 

今回の仕事は、はじめて仕事をする

オーストリア人との打ち合わせ。

 

しかも、超タイトなスケジュール。

 

さらにオーストリアの言語は、なまりのある

ドイツ語。

 

ぶっちゃけ私は英語すらあやしいのに、

ドイツ語なんて一言も話せません(苦笑

 

でも、今回ジュンハシモトのスーツを仕上げる

ために、現地の仕立屋さんと交渉しなくてはなりません。

 

スーツ36着、シャツ36着。

 

これら一着一着、「SVホルン」の選手に

合わせたバラバラのお直しです。

 

日本でお直しするにしても、かなり

ハイレベルなやり取りが必要になります。

 

しかし、今回私はあるサービスのおかげで、

無事に二日間でやり遂げました。

 

一言もドイツ語が話せない私が、はじめて

出会ったオーストリア人の仕立屋さんへ、

Processed with VSCO with g3 preset

Processed with VSCO with g3 preset

Processed with VSCO with g3 preset

全部バラバラに内容が違う、複雑なお直しを

依頼できてしまったのか?

 

 

秘密は、このサービスです。

 

「トラベロコ」

https://traveloco.jp/

 

使ったことある人もいれば、なにこれ?と

いう人もいると思います。

 

なにこれ?という方は、はじめての国へ行く時に

一度チェックしてみてください。

 

過去に私も何度か使っていますが、

ホントに便利なのでオススメです。

 

簡単に言うと。

 

世界中に住んでいる、現地に住む日本人に通訳を

依頼できるサービスです。

 

通訳を依頼できるだけでなく、現地で調べて欲しい

ものがあったり、買い物もしてくれたりします。

 

今回、私は現地の日本人の方(音楽団の女性)と

日本にいる時にやり取りしました。

 

そして、事前にウィーンの仕立屋さんを

何件も調べてもらっていました。

 

事前に内容を詰めていたおかげで、ドイツ語を

話せない私でも、スムーズに交渉できました。

 

そして、36着のスーツを期日にあげて

もらう約束をしました。

 

私は仕事で「トラベロコ」を使って

いるのですが、

 

じつは観光で行く時にも、

かなり使えます。

 

現地に5年以上住んでいる人であれば、

その土地の情報にはかなり詳しいです。

 

なので、「地球の歩き方」とかに載っていない

レストランや遊び場を聞けます。

 

料金もいわゆる通訳さんを一日お願いすると、

3万円くらいかかっちゃいますが、

 

二日間、2〜3時間ずつ通訳してもらって

30ユーロとコーヒーとケーキで受けてもらいました^^

 

海外へ仕事で行く人には、かなり嬉しい

値段ではないでしょうか。

 

ぜひ、あなたも海外へ行くときは

使ってみてください。

 

めちゃ、楽しいことになると思います。

 

 

ロスベガデザイナー

本間 英俊

 

※別に私は「トラベロコ」からお金を

もらっているわけではありません(笑

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *