ガラパゴス化しないスニーカー

 


こんにちは、ロスベガデザイナー本間です。

 

 

今日は上海にいます。

 

上海ファッションウィークです。

 

このファッションウィークで、

ロスベガは新作発表しています。

 

Processed with VSCO with hb1 preset

ここでお見せすることが出来ないのが

残念ですが、

 

間もなく公開するので楽しみに

していて下さい。

 

 

毎回、上海に来ると驚かされることが

あります。

 

それは、

 

「テクノロジーの進化の早さ」

 

あなたもご存知かもですね、

「wechat」というSNSツール。

(LINEとFacebookが合わさったようなもの)

 

このアプリは、通話やチャット、写真をアップ出来るだけなく、

アプリ内で相手にお金を払うことができちゃうのです。

どういうことかと言うと、例えば友達と

カフェに行って、小銭がなかったりしたら、

 

自分のアプリから相手のアプリへバーチャル

マネーが払える仕組み。

 

しばらくしたら、こんなサービスをLINEも

はじめそうだけど、何かしら「規制」があるのかな。

 

また、上海の友人たちは全員、快的打車(クァイディダーチャ)

というUBERの中国版と呼ばれるタクシーアプリを使ってます。

 

これの何がスゴイかというと、配車までの

スピードが異常に早い。

 

支払いもそのままアプリの画面をドライバーに

かざすだけでできるスグレモノ。

 

呼ぶのも早けりゃ、降りる時も早い。

 

弱点はアリババカードしか使えないから、

外国人にはちょっとハードルが高いこと。

 

こんな便利なアプリなら、日本もすぐに

広まりそうなんだけど、全てにおいて「規制」があります。

 

UBERが広まらないのには、

 

・プロの運転手しか運転してはいけない規制

 

最近では民泊で有名なairbnb(エアビーアンドビー)

でも話題になった

 

・旅館業免許がなければ民泊させられない規制

 

など、ここでは良し悪しについては語りませんが、

私たちが想像するよりも早くテクノロジーが進化しています。

 

世界の「テクノロジーの進化」に対して、

ひとつの国の「規制」では全くカバーしきれるはずもありません。

 

ガラパゴス化する日本と呼ばれて久しいですが、

東京オリンピックまで正念場ですね。

 

と、いいながら、

ガラパゴスになればなるほど、偉大さを増すのが

スニーカー業界。

 

スタンスミス、スーパースター、ジョーダン、

フォースワン、オールスター、996。

 

ハイテクスニーカーも毎シーズン山のように

発表されています。

 

しかし、30年経っても色褪せないものって、

なかなかないもんです。

 

不変であることの辛さもありますが、

ロスベガもそんな「名作」と呼ばれるのを

目指していきます。

Processed with VSCO with g3 preset

 

ロスベガデザイナー

本間英俊

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *