デザイナー本間です。

今日は、ニューカレドニアに来てます。

zerotokyoスタッフの小川さんの結婚式へやって来ました。

Processed with VSCOcam with m3 preset

ここは南半球。

日本の反対で、季節は夏。

気温は34度。

東京から来た私たちには、懐かしい暑さです。

吸い込まれるような、どこまでも青い空。

緑の芝生が生えた砂浜で、ごろりとしています。

ヤシの葉を越してあたる日差しが、

なんとも心地よいです。

Processed with VSCOcam with m3 preset

2月にこんな夏を体験できるなんて、

得した気分ですね。

ちなみに、ファッション業界は

「春夏」、「秋冬」の2シーズンあります。

2月はちょうどシーズンの立ち上がりの時期。

そのため、かなり忙しいです(苦笑)

でも、そんな2月に、こうしてニューカレドニアへ

来ることも可能になりました。

10年前なら、考えられなかったことですね。

今日は、ロスベガを作る時のライフスタイルの

話をさせてもらいます。

テクノロジーが進み、世界中で「wifi」が

繋がるようになりました。

世界中、どこだとしても、「wifi」とパソコンが

があれば仕事をすることが可能になりました。

「skype」で、デザイン打ち合わせし、

モノ作りの進み具合を「チャットワーク」で確認。

海外へ振り込みも、どこにいてもできます。

ほぼ、東京にいるのと変わりません。

(ファッションの場合は、素材感や、着心地も

大切になるので、全てデジタルというわけにはいきませんが。)

原宿で働いていても、代官山で働いていても、ニューカレドニアで

働いていても、「wif」とパソコンiがあれば仕事は可能です。

ちなみに私は年に15回以上、東京から

海外へ出ています。

どんなにはじめての土地でも、「iPhone」

ひとつあれば、なにも不自由がなくなりました。

空港について、ホテルまでは「Google map」

アプリを頼りにタクシーやバスで向かいます。

iPhoneがなかった頃は、どのルートを使ってるのか

わからないので、上海で何度もボラれました(笑

しかし、今ではいつも自分の位置がわかるので、

タクシーにまずボラれなくなりました。

食事は「トリップアドバイザー」で好評化の

レストランを探します。

星の多いレストランを探すのはもちろんですが、

その店の名物料理はなにかまで探せるのは便利です。

おかげで、今回ここニューカレドニアでも、

地元の人がテイクアウトしてまで食べるほどの、

美味しい窯焼きピザを食べることができました。

当たり前の様になりましたが、数年前から

考えたら、かなり旅が快適になりました。

テクノロジーの進化により、これまで調べたり、

悩んでいたりする時間がなくなりました。

旅先でも、どんどん自由な時間を作る事が

できるようになっています。

2008年、人類はスティーブ・ジョブズから

「iPhone」という自由の翼を与えられました。

私の海外での仕事も、「iphone4s」から劇的に

変わりました。

あなたがしばらく海外に出ていなければ、あまり

の快適さに海外にいることを忘れてしまうほどかも

しれませんね。

Processed with VSCOcam with m3 preset
せっかくなので、今回もう一つおすすめしたい

アプリがあります。

その名も、

「Lounge Buddy(ラウンジバディ)」

読んだままなのですが、空港のラウンジの使い方を

教えてくれるアプリです。

何が便利なのかというと、ます、事前に自分が持っている

クレジットカードやマイルのメンバーズを登録します。

すると、その条件に合わせて、無料で使えるラウンジや

同伴者の追加料金などが一目でわかります。

このアプリがあれば、どのカードがどこのラウンジで

使えるのかが一目瞭然です。

このおかげで私は、ラウンジの受付でオメオメと帰えされた

恥ずかしい経験をしなくて済むようになりました。笑

ぜひ、あなたも次回の旅にでも、仕事にでも使って

みてください。

ロスベガデザイナー

本間英俊

Processed with VSCOcam with m3 preset

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *