こんにちは、LOSVEGAデザイナー本間です。

 

先日、私の友人からとてもショッキングな話を聞きました。

 

 

フィリピンの中にある、美しいビーチリゾートを持つことで知られる

「セブ島」。

 

友人がその「セブ島」へ、語学留学に行った時のことです。

 

 

太陽がサンサンと降り注ぐ南の島で、のんびりと英語を勉強する

つもりで留学していた彼。

 

今にも夕日が沈みそうな、きれいなビーチを散歩した帰り道。

 

メインストリートから一本奥へ入った路地裏で、

彼は日本ではありえない光景を目にしました。

 

まともに舗装されていないデコボコのガレキ道。

道の横には有刺鉄線がむき出しで、

足元のジャリの中にはガラスの破片も見えていました。

 

 

そんな場所で、ビーチサンダルや裸足でバスケットボールを

している子供たちがいたのです。

 

有刺鉄線やガラスの破片が、いつ足に突き刺さってもおかしくない状況です。

 

ひとつのボールを無邪気に追いかける、ストリートチルドレンの子供たち。

 

小さな子供たちがガレキの上を裸足で走り回っている、

そんな光景を、今の日本では目にすることはほとんどなく、

そんな状況を想像することすら全くなくなりました。

 

16年間バスケットボールをやってきた彼にとって、

このことはとてもショッキングな出来事でした。

 

美しいビーチリゾートの景色とは裏腹に、

ガレキの上で裸足でバスケットボールをしなければならない、

ストリートチルドレンの現実がありました。

 

のんびりと語学留学に来ていた自分が、目の前に映る子供たちの現実を目の当たりにして、

 

これまで一度も寄付などしたことがなかった彼が、子供達が無邪気な

笑顔でいられるように、ある活動をすることを決心しました。

 

それはストリートチルドレンの子ども達が、安全にバスケットボールが楽しめるよう、3ヶ月に1度、スニーカーを孤児院に届ける活動でした。

 

まず最初に20足のスニーカーをハンドキャリーで運び、

先日さらに50足のスニーカーをプレゼントしてきました。

 

この活動に私たちも共感し、先日ロスベガを寄付させてもらいまいた。

 

その時の写真がこれです。

c2a7be_2ea183189b68477481190e5418bfda54.jpg_srb_p_630_840_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

 

私の二人の友人が、セブ島の孤児院へスニーカーを届けています。

 

一人は男なのに「ロン毛で三つ編み、ヒゲが金髪」、

 

もう一人は「金髪で、一年中短パン」。。

 

残念がら、誰がどう見てもまともに仕事をしていなそうな二人組です。

しかし、こう見えて「ロン毛で三つ編み、ヒゲが金髪」の友人は、

あなたも必ず知っているアイドルグループのライブ衣装を作ったり、

CM衣装も手がける衣装デザイナー。

 

もう一人の「金髪、一年中短パン」男は、アパレル業界ではアジアを

飛び回る有名ネゴシエーターです。

 

見た目はふざけていますが、この業界で日本政府やシンガポール政府の仕事を

一手に引き受ける、ぶっとび社長でもあります。

 

だから、仕事はきっちり。

責任を持ってスニーカーを届けています。

c2a7be_15f11150c51c49f18326944a2e94dd7c.jpg_srb_p_574_765_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

c2a7be_3ebea12d137c49de9f30898114def938.jpg_srb_p_536_714_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

 

c2a7be_38e72fc5f3b34f65af8ff1d18be449bf.jpg_srb_p_580_435_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

 

写真を見てみると、スニーカーを届けに来た二人の友達から、

スニーカーを受け取り、ワクワクした笑顔で靴を履く子どもたち。

フィリピンの子どもたちは、安全に走り回れるスニーカーが欲しかったんですね。

 

c2a7be_cab2b5dcc92b4f2692ca96a2b9553a7f.jpg_srb_p_580_435_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

 

あなたも子供のとき、こんな笑顔で新しい靴をワクワクした

気持ちで履いたのではないでしょうか。

 

いまあなたが、家の中にもし履いていないスニーカーが一足でもあるのであれば、

 

もしあなたが全く履いていないロスベガがあって、下駄箱に眠らせて

いるのであれば、子供達へプレゼントしてみませんか。

 

その一足で、フィリピンの子どもを一人、

笑顔にさせてあげることができます。

 

シューズが汚れているのであっても、少しきれいに

拭いてもらえれば、それでかまいません。

 

zerotokyoまで送ってもらえたら、責任をもって子どもたちのもとへ、

シューズを届けさせてもらいます。

 

シューズを送ってくれた方には、

シューズを受け取った子どもたちの写真を送らせてもらいます。

 

私一人では、たった何人分のシューズしか用意できませんでした。

もっともっと子どもたちを驚かせてあげたいので、ぜひあなたの力もかしてください。

 

<ストリートチルドレンの子供たちへ、笑顔を贈る3ステップ>

 

1、履かなくなったスニーカーを見つける

 

2、汚れている場合は、軽くでいいので汚れを落とす

 

3、zerotokyoまで送る

 

150-0001

東京都渋谷区神宮前3-28-5 セスドビル3F

DSSR 内 zerotokyo セブ島の子供達へ係り

tel.03-5785-3940

 

あなたの力を待っています。

 

LOSVEGAデザイナー 本間英俊

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *