こんにちは、ロスベガデザイナー本間です。

 

あなたは、

「ハイカット選びは、甲が決め手」

ということを知っていますか?

 

 

「甲が決め手?

靴選びは足の大きさで選ぶんじゃないの?」

 

はい、私もそう思っていました。

 

今から12年前、私がモデル時代に出会った

「ブーツしか履かないスタイリストさん」から教えてもらいました。

 

ブーツマニアの彼は、足の裏のサイズでシューズサイズを選ぶのではなく、

足の甲部分のフィット感でシューズを選んでいたのです。

 

 

特に、私のように「甲高+骨変形」の足であれば、なおさら

甲のフィット感が大切。

 

 

外国人のモデルを含め、何百人に靴を履かせ続けてきて、

ハイカットは足の大きさで選ばない。ということを学んだそうです。

 

 

これは、ハイカットスニーカーだけでなく、エンジニアブーツなどの

足首をすっぽりと入れるシューズ、全般に言えることだとも教えてもらいました。

 

 

甲がシューズとフィットしていると、ブーツのように重い靴だとしても、

歩き出しにしっかりブーツが足についてきます。

(あなたの足の甲が低い場合は、中敷きなどで調節するのもいいでしょう)

 

また、甲でサイズを合わせると、自然とシューズの方が足よりも1~1.5cm

くらい大きくなり、少しゆとりが出ると思います。

 

 

ロスベガもそうですが、アスリート用のシューズでなければ、

足先に少しゆとりがある方が圧迫されず、長時間履きやすくなります。

 

 

さらに、あなたも気がついているかもしれませんが、

ロスベガの長いシュータンには・・・、

Processed with VSCOcam with f2 presetProcessed with VSCOcam with f2 preset

とてもとても「厚めのウレタンパッド」が入っています。

 

 

じつは、この「厚めのパッド」こそが、足の甲のフィット感を高め、

ロスベガをフカフカの履き心地にしてくれてるのです。

 

「甲高+骨変形」の私の足だとしても、丸一日履き続けていても全く痛みを感じません。

 

ロスベガは「甲高+骨変形」の私にとって、理想を追い求めたハイカットの一足だったのです。

 

「じゃあ、ロスベガはローカットでもいいじゃないですか?」

 

あなたもそう思ったかもしれません。

 

「甲高+骨変形」の私は、一年のうち360日以上をスニーカーで過ごします。

 

ローカット、ハイカットどちらも履きますが、

デザインしているロスベガにはハイカットしかありません。

 

それにはワケがあります。

 

次回は、

「ロスベガにハイカットしかないワケ」

をお話しますね。

 

 

ロスベガデザイナー

本間 英俊

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *