LOSVEGAデザイナー本間です。


今日は、LOSV JEANの全貌を見せます。



まず、前回のメールでお伝えしたように、「LOSV JEAN」は長い時間をかけ、
こだわりを盛り込みました。


まず、ひとつめのこだわり。

縫製工場は【デニムの聖地 岡山県児島 】で縫製しています。

前回の内容はこちら 



そして、ふたつめのこだわり。


これが最も重要です。

「ロスベガに最も合うシルエット」

これにこだわりました。


ピタピタのスキニーシルエットでは、若すぎる。

かといって、緊張感のないルーズなシルエットでは野暮ったい。

ストリートでもモードでも自在に駆け回るロスベガに
合わせるため、計算されたライン。

何度も試作を重ね生まれた、ややタイトなシルエット。


image-3


そして・・・。


完成したのがこのシルエットです。

image-2

 

image-3



ロスベガとの相性を考えて、すっきりとミニマルなデザイン。


スキニーほど脚のシルエットを見せるのではなく、大人も上品に履けるように、
ひざ周りに少し余裕を持たせたラインに仕上げました。

裾に向かってのテーパードは、しぼり過ぎないように、でも
ロスベガへ裾をインした時にも、もたつかないように計算しました。

また上は足長効果を狙ってのややローライズ。
ローライズで仕上げたことにより、女性が履いた時にも
すっきりと見えます。

中世的な印象をあたえる、ユニセックスな仕上げ。

男性が履いた場合は、きれいで繊細な印象をあたえるように、
女性が履いた場合には、身体の曲線を出しすぎずにクールな印象に
なるようパターンを作りました。

image-4



※身長174cm/体重63kgをサイズMの目安としてお考え下さい。

image-5



また、ステッチの幅を細めることで、野暮ったいワークのイメージがある
デニムの印象を、スッキリとしたきれいなボトムに見せます。

image-10


image-7



この細かなデザインにより、スリムストレートの美しさが増します。


ボリュームがあり、デザイン性の強いロスベガには、スッキリとした
レッグラインがよく似合います。


image-9



image-10



「スリムストレートっていうけど、履き心地はどうなの?」

はい、履き心地が気になりますよね。


細身のきれいなシルエットでも、窮屈なのはイヤ。

見た目はカッコ良くても、結局、履き心地が悪くて、すぐに
履かなくなってしまったボトム。

あなたにもこんな経験があったかも知れません。


しかし、【LOSV JEAN】は違います。
ロスベガと同じく、見た目のデザイン性と機能性、両方を兼ね備えています。


レッグラインを美しくするために、スリムに仕上げたパターン。

でも、デニム生地にストレッチ糸を織り交ぜていることにより、
動きはとても快適。

タイトフィットながら、ヒザの曲げ伸ばしもラクにできます。


こういうボトムこそ、いつの間にか永いパートナーになるボトムでは
ないでしょうか。


さらに、みっつめのこだわりがあります。


【LOSV JEAN】最大の秘密。

と、呼んでも過言ではない、とっておきのこだわりです。



しかし・・、

今回は長くなってしまったので、次回お伝えします。


引っ張っちゃってごめんね。


次回お楽しみにして下さい。


LOSVEGAデザイナー
本間 英俊

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *